top of page
  • 執筆者の写真西村ゆみ

高槻市の妊娠・出産・育児の総合相談サービスについて分かった事

こんにちは 今日は、高槻市の妊娠・出産・育児の総合相談サービスについて分かったことを書いていきます。

高槻市では令和4年度の出生数は2296人です。 令和元年の出生数が2419とコロナの影響があるのかもしれませんが、年々減っています・・ 一方、私自身が娘を出産した平成26年度と比べると驚くほど、高槻市のこどもに対する支援制度は整っています。 だから、行政のサービスをもっともっと頼ってほしい!!!

そのためには何があるのか?ぜひ、知ってほしいです! ①産前産後ママサポート事業→こちら 高槻市に確認しましたところ、令和4年度の利用人数はたった351人! (令和3年度は286人、令和2年度は296人と利用人数は増えてはいます)

1人の方が1回だけで終わることなく何度も利用できます(回数制限はあります)ぜひ遠慮なく相談してください!! ②産後ケア訪問→こちら 産後の子育てがしんどい、不安なお母さんへ 生後4か月まで利用可能です こちらは、令和4年度683人が利用しているようです!

③産後ケア宿泊型→こちら 令和2年度から誕生したサービスです。

市が委託した医療機関などに宿泊して、助産師などからケアを受けることができます。 課税世帯・非課税世帯ともに少しだけ費用がかかりますが最長6泊7日まで可能で、何度も利用できます。 そのため、1泊2日でお試しをしてから、その後に何度か利用されている方もいるようです。 令和4年で70人ほど利用されています。 <お申込み方法> これまではがきなどで対応していたようですが、本年度から、応募がQRコードの電子申請もできるようになりました。詳しくは子ども未来子育て総合支援センターにお問い合わせください 電話 072-686-3030 最後に・・・ 「母親なんだから子育てするのが当たり前だ」と休んではいけないという罪悪感や、弱音を吐いてはいけないかも、甘えてはいけないと思う必要はありません。 子供は社会の宝物です。 社会全体、みんなで一緒に育てていけばいいやん!と私は思ってます。 分からないことあればご気軽にお問合せ下さい。

閲覧数:55回0件のコメント

Comments


bottom of page